丹沢病院が認知症予防を実践

丹沢病院が認知症予防を実践

 今や高齢者の4人に1人が認知症またはその予備軍と言われる時代。厚生労働省の推計では65歳以上の高齢者のうち認知症を発症している人は約15%おり、2012年の時点での認知症患者は462万人。2025年には患者数が700万人を超えるという推計も発表されている。

 

 しかし「認知症と診断されたらどうしよう」「うちの親に限って認知症なんて」そんな想いから病院に行くことをためらう人も多く、その間に症状が進行してしまうケースもあるという。

 

 「とにかく早期に発見し、治療することで、もの忘れの進行を緩やかにすることができます」と丹沢病院の関口剛副院長は話す。丹沢病院では地域の高齢者を支援し、もの忘れに関する相談をしやすい環境を作ろうと、昨年からデイケアで「もの忘れ予防プログラム」を立ち上げた。体を動かしながら認知機能の改善を図るプログラムで、介護保険との併用も可能。また、病院のプログラムのため医師・看護師・作業療法士・臨床心理士・精神福祉士がチームを組み、定期的なフォローに当たっている。実際の利用者からは「通うのが楽しい」という声や「本人の笑顔が増えた」という家族の声も。「認知症は本人のみならず、ご家族にも負担が大きい。もの忘れが気になりはじめたら、すぐに相談することをお勧めします」と関口副院長は話す。

 

(2016年4月16日 タウンニュース)