もの忘れの対策

もの忘れの対策

もの忘れの対策といっても、特別なことを意識する必要はなく、普段から健康に気を付け、食事や運動などの規則正しい生活習慣をすることが大切です。

 

 

もの忘れの対策に良いといわれること

 

日常的にできるもの忘れ対策

 

  • 読み書きの習慣をつける

     

    脳の老化の予防対策として、本を読む、日記などの文章を書く、買い物での計算をするといった、少しでも考えるようにすることが大切です。

 

  • 料理などの考える作業をする

     

    料理は手順を考え、どうすれば美味しくできるかを考えながら作りますから、脳の活性化になります。単純作業ではなく、考えながら何かを作るような作業は、料理と同じく脳の活性化につながる対策です。

 

  • 抗酸化作用のある食品を摂る

     

    脳は活性酸素が蓄積しやすいので、活性酸素に対して抗酸化作用を持つのがビタミンC・E、β-カロチンを含む食品を摂ると良いといわれています。柑橘類やニンジンなどの果物や野菜を摂るように心がけることも対策になります。

 

  • ウォーキングなどの運動

     

    健康のために運動をすることは基本的に大事なことですが、脳の活性化に対しても運動することで、脳の活性化を図ることができます。無理をせずウォーキングなど習慣化できることが対策のポイントになります。

 

 

それ以外にも、睡眠をしっかりとるといったような基本的な健康習慣や、できるだけ面倒がらずに自分で考え動くといったことを対策として心がけるようにしましょう。

 

 

役に立つもの忘れ対策グッズ

 

日常的にできる生活習慣などの面以外に、もの忘れ対策として効果のある成分の含まれたサプリメントを摂取することや、感動する映画や音楽を見聞きする、ゲームやパズルなど脳を活性化することも、もの忘れ対策としてできることになります。

 

  • サプリメント
  •  

  • 音楽