認知症について

認知症が心配な方には、治験ボランティアに参加する方法もあります


認知症の新薬の開発が進められていますが、最新の治療法を治験で受けることができます。治験ボランティアに参加することで、専門医による検査・診断を受けることができるだけでなく、ボランティア参加の報酬を受け取ることもできます。

認知症の治験ボランティアについては、こちらの治験募集サイトでご確認ください。




認知症について記事一覧

健常者と認知症になる境の状態で次のような定義になっています。記憶障害の訴えが本人または家族から認められている日常生活動作は正常全般的認知機能は正常年齢や教育レベルの影響のみでは説明できない記憶障害が存在する認知症ではない一般的に認知症の検査は、長谷川式という簡易評価で行われます。30点満点で20点以下は認知症の疑いと判断されますが、それに近い境界ゾーンのスコアは軽度認知症(MCI)呼ばれています。...

認知症の検査認知症の検査は、一般的には長谷川式という簡易的な評価のスコアで判断されます。30点満点で20点以下は認知症と判断されます。この検査はあくまで簡易的なもので、検査を受ける時の体調や本人の知能レベルにもよるところがあるため、更に詳しい検査は画像診断となります。画像診断では、MRIやCTといった検査を受けることになります。脳血管での障害の場合は画像で分かりますが、アルツハイマー型の場合には、...

認知症の検査や診断の専門医は、神経内科や精神科となりますが、特に認知症について専門に診療科を設けている病院もあります。詳しくは認知症家族の会のホームページで、全国の「もの忘れ外来、認知症外来」がある病院を調べることができます。全国もの忘れ外来一覧